■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■年号をどうやって決めてるのかについて

hei.jpg 

平成の世もはや21年、はたして平和に成ってはいるのでしょうか。

どうでもいい話は置いといて、明治、大正、昭和、平成などなど様々な年号がありますが、

この年号は一体どうやって決めているかご存知ですか。

適当に決めてるのか、はたまたどっかからの引用なのか。

今回は年号をどうやって決めてるのかについて調べようと思います。

 



そもそも年号とはなんなのでしょうか?

そこからスタートですね。

 

年号(元号ともよばれます、元号の方が正式っぽいですが今回は年号で統一)は、

紀元法(経過した年を数える方法)の一種で中国発祥のものです。

中国では統治者は時間をも支配するとの考えがあったそうです。

結構おもしろい考えですよね。

 

紀元法とはいっても、歴史上では年号を何回も改元することが多く、

パッと聞いただけでその年代を特定するのは困難で、これでは非常に不便です。

そのため、歴史を表すときには主に西暦などの紀元年数が使われるようです。

 

例えば、慶長5年と聞いただけではいつ頃の話なのかすぐにはわかりませんよね。

ちなみに、慶長5年は1600年のことで、関が原の戦いがあった年です。

関が原の戦いにはかの宮本武蔵も参加していたんだそうですよ、これ豆知識な。

 

日本に限った話ですが、昔は皇位継承が起こらなくとも様々な理由で改元されていました。

あ、皇位継承が改元の合図だということはさすがに一般常識ですよね。

南北朝時代などの覇権争いの時代ではそれぞれの勢力下で異なった年号が使われることも。

明治1年に一世一元の詔が出され、天皇一代につき年号一つと定められたそうです。

 

んで、ここからが本題です。

この年号は一体どうやって決めているというのか。

 

まぁ、答えは簡単です。

そう、偉い人たちの会議で決まっているのです!!

・・・うん、普通だよね。

 

現在では内閣が有識者の意見などを聞いて決定を下すそうです。

内閣発足以前も似たようなものでしょう。

ただ、この有識者がどこから発想を得ているかというのを突き詰めると、

中国の古典からということはよくあることのようです。

 

例えば、“平成”。

平成は、史記の「内平かに外成る」、および書経の「地平かに天成る」からの引用です。

内外、天地ともに平和が達成されるという意味なんだそうです。

 

選定される基準としては、

1、国民の理想としてふさわしい意味をもつ

2、漢字二字

3、書きやすい

4、読みやすい

5、外国を含め過去に元号やおくり名として使われていない

6、俗用されていない

の6つで判断されるようです。

 

5に関しては、昔は貞観や建武、元和(げんな)など中国と被ることもあったとか。

パクリじゃない、リスペクトだ!という精神だったのでしょうか。

 

また、使われやすい漢字というものもあるようで、

日本最古の年号である大化から平成まで247の年号がありますが、

使用された文字数は72にすぎず、その中でも約40文字が繰り返し使われています。

 

参考サイト:概要―wikipediayahoo!百科事典
       由来―
明治神宮おしえてねドットコム
       一覧―
年号一覧

       その他―光文事件(元号誤報事件)

 

特に奇抜な決定の仕方というわけではありませんでしたね。

それにしても、古来からの風習が今なお続いているというのはなんとも不思議な感じです。

645年から2009年まで1364年間も続いてるんですから、長い歴史です。

 

普通に考えるとあんまりいらないような気もしますよね。

僕は嫌いじゃないですが。

でも、たまに今平成何年かわからなくなることが厄介の極み。

 

....φ(ω・` )おっと、今回はここで終了です。ありがとうございました。
 


歴史年号暗記かるた歴史年号暗記かるた
学研

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

■No title

陛下が今ご逝去されたら年号は『友愛』とかになるんですかねwww

■No title

>>六月さん

別に民主党政権でも脱官僚政治でもいいですが、友愛は誰がどう考えても気持ち悪いですよね。
年号が友愛になったら後世の歴史家になんていわれるかww
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。