■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■渋滞の先頭について

jyutai.jpg 

渋滞って巻き込まれるとホントにイライラしますよね。

特に高速道路でのなんかは動かない、動かない。

「あー、何やってんだ。渋滞の先頭死なねぇかなぁ」と思ったりもする勢いです。

でも、よく考えてみたら渋滞の先頭ってどうなってるんでしょうか。

今回は渋滞の先頭について調べたいと思います。

 



と思って調べていくうちにある事実に行き着かされました。

 

あれ?渋滞の先頭って誰でもなれるんじゃね?

 

…そうなのです。

渋滞から抜け出す際には誰しもが渋滞の先頭になっているわけで、

はなから“渋滞の先頭”などという文言には何の意味もなかったのです。

 

いきなり出鼻を挫かれました。

ですので、ちょっと方向性を変えまして、渋滞の発生原因に迫ることにします。

まぁ言ってみれば、ほとんど同義ですよね。

 

とはいえ、渋滞の発生原因といっても本当に色々あります。

事故や工事などの物理的な要因から速度や車間距離などに対する心理的な要因まで様々です。

 

そうそう、一応まとめますが参考サイト様を見たほうが早いし、正確でなおかつ見やすいです。

記事的には最初っからクライマックスでしたからね。

あと、これは主に高速道路での話です。

一般道は信号がありますから、特別な事情がない限りめったに渋滞しませんしね。

 

参考サイト:渋滞の謎ドラぷらNEXCO東日本

 

 

物理的要因

 ・車の交通量が多い

 ・事故や工事による車線規制

 ・料金所で混み合う

 ・インターチェンジ分岐・合流部での混雑

 ・ボトルネックでの失速

 ・サグ部や上り坂で失速

 ・トンネルでの失速

 ・悪天候による失速

 

心理的要因

 ・いろんなことが原因で速度を落とし、結果後続も失速し、いずれは停車する

 

 

他にもいろいろあるんでしょうが、代表的な例だけピックアップ。

では、つたない解説を物理的要因からの上から順に。

 

まず、“車の交通量が多い“ですが、これは基本中の基本ですね。

車の交通量が少なければ渋滞なんて起こりませんから。

すべての渋滞原因に関係する事柄です。

 

事故や工事による車線規制”も納得の理由でしょう。

これはボトルネックとも深い関係があります。

 

料金所で混み合うも車線規制と似たようなもんですね。

仮に高速道路が無料化されて料金所がなくなっても、車が増えて結局渋滞するでしょうね。

 

インターチェンジ分岐・合流部での混雑”は車が複雑に移動するため、

混み合っているときなんかは特に速度を落としがちです。

その結果、後続もつられて速度を落とし、さらにその後続も…とやっていく内に完全に止まります。

 

ボトルネックでの失速”とは先に行くにつれ車線が細くなっていくときに起こります。

ボトルネックとはビンの首の意味で、ご想像の通りの構造です。

車線が細い→減速→後続も減速→さらに後続…→停車→渋滞

 

サグ部や上り坂で失速”も上のと同様の理由です。

サグとは下り坂から上り坂に差し掛かるところをいいます。

で、サグ部では気づかぬうちに速度が低下していることがあるそうなんです。

上り坂やサグ部で速度低下→・・・中略・・・→渋滞

 

トンネルでの失速”はどちらかというと心理的要因に区分されるかもしれません。

トンネル内は暗いし閉鎖的なので、速度を落としてしまいがちなんだそうです。

暗くて怖いよう→→→→→渋滞

 

悪天候による失速”はそのまんま。

例えば大雪の時になんの対策もせずに爆走する人はいませんよね。

 

次に心理的要因ですが、これは全部に関係があるといっても過言ではないかもしれません。

代表的な例としては、なぜか人は車間距離が空いていると詰めたくなる性質があります。

車間距離を詰める→危ないから速度を落とす→物理的要因と重なって渋滞

となります。

 

他にも、情報を得るために掲示板の近くでは減速しやすかったり、

速度規制を守るために減速したりと様々なこと心理的要因となります。

 

速度を落として運転する=安全運転、というと聞こえはいいかもしれませんが、

渋滞して時間を失うのは馬鹿らしいです。

普通の速度で普通に運転すれば渋滞なんてめったに起こりません。

もちろん、物理的要因があるときには仕方ないんですけどね。

 

あと、渋滞する理由をバタフライ効果が原因という人もいますが、それはおそらく違います。

バタフライ効果というのは、蝶が羽ばたけばどこかで竜巻が起こる、といった類の話で、

小さな可能性によって物事は大きく左右されるというカオス力学の理論です。

『風が吹けば桶屋が儲かる』ていうのと似てますね。

 

で、バタフライ効果が原因で渋滞が起こるという人たちは、

バタフライ効果のことを小さなことでもそれが集まれば大きな現象を生むと捉えているみたいで、

一つ一つの車のブレーキがやがて渋滞を巻き起こすと考えているようです。

でも、意味がまるっきり違いますよね。

 

もちろん、まったく関係がないというのも嘘なので難しいですね。

 

はい、幸先が良くなかったので今回は完全に適当です。

参考サイトは上。

 

 

そうそう、最近は若者の車離れがすすんでいるようなので、

もしかしたらそのうち渋滞というものと無縁の生活がくるかもしれませんね。

まぁ、本当はマスコミが大げさに騒いでいるだけなんでしょうけど。

地方ではコンビニいくのも車を使わないといけないという状況もあるそうですしね。

 

....φ(ω・` )おっと、今回はここで終了です。ありがとうございました。


「渋滞」の先頭は何をしているのか? (宝島社新書 291)「渋滞」の先頭は何をしているのか? (宝島社新書 291)
(2009/06/10)
西成 活裕

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

■No title

渋滞解消させるには高速を無料にするんじゃなくて車飛ばせばいいんじゃね?(笑)

前にテレビでやってたんですが渋滞になった時は前との距離を少しあけて
ある程度距離が空いたら距離を詰めると言うのはやれば解消されるそうです

この説明でわかるかな?w

■No title

>>六月さん

車 車 車 自分 車 車 車 を
車 車 車         自分 車 車 車 にして
車 車 車    ←←←自分 車 車 車 こういうことですか???

でもそれって意味ない感じがしますけど・・・
もしかして理解できてませんかねw
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。