■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ポケモンショックのあらましについて

pokemon.jpg 

皆さんはいわゆるポケモンショックってご存知ですか?

199712月におきた実害のある大規模な放送事故みたいなもんです。

当時、各種マスコミに大きく取り上げられていましたので、聞いたことぐらいあるでしょうか。

「でんのうせんしポリゴン」と聞くとピンとくるかもしれませんね。

では、今回はポケモンショックのあらましについて調べようと思います。

 



そもそも、ポケモンショックというのは俗称に過ぎません。

他には、ポリゴンショック、ポリゴン事件、ポケモン騒動などとも呼ばれますが、

公的には「ポケットモンスター問題」というようです。

まぁ、ここではポケモンショックでいきますけど。

 

それと、この問題を詳しくまとめられているサイト様がありますので、紹介しておきます。

「映像酔い」ってご存知ですか?MAMO's SiteTVアニメ資料館

迅速かつ詳細に知りたい人はそちらを見ていただいたほうがよいかと思います。

ここではあらましについてしかとりあげませんので。

 

さて、それではポケモンショックの始まりからです。

 

事が起こったのは、19971216日火曜日の18:51:35、第38話『でんのうせんしポリゴン』での劇中、サトシ達一行が電脳世界で悪さをしているロケット団をこらしめ、ポリゴンに乗って脱出しようとしているシーンでのことです。

 

そのシーンでは電脳世界に撒かれたワクチンが戦闘機となってサトシ達に襲い掛かります。

そして、戦闘機から放たれたミサイルを電気ネズミが迎撃するというものだったのですが…

 

その際に行われた演出がポケモンショックの契機となったのです。

それはの光の点滅が交互に映し出されるというもの。

ここで行われた演出はフリッカー、俗に言う「パカパカ」という手法で、

12コマ程度で画面を切り替え、背景色を激しく点滅させてスピード感を出します。

 

一応、参考画像としてTVアニメ資料館様からお借りしたいと思います。

こちらのサイト様は普通におもしろいので見てみるといいかも。

いろいろありますが、特にひどいと思ったのがこれ。


pokemon3814.jpg pokemon3815.jpg


これはいくらなんでも光が強すぎますよね。

画像で見ていても目がくらくらします。

よくみてみるとなんてことない色なんですけどね。

もしこれで気分が悪くなった人がいたら言ってくださいね。

 

ちなみに18:51:35と正確な時間を挙げていますが、これは新聞報道に過ぎず、

実際には他の時間にもフリッカーは使われていたようです。

 

これにより、視聴中に気分が悪くなったり、ひどい場合だと発作を起こした人が続出し、

30都道府県で計685人が病院に運ばれ、内208人が入院するという事態に陥りました。

しかし、ポケモンといえば当時(今もですが)は爆発的な人気を誇り、視聴率も怪物級です。

当然被害はこれだけで収まるはずもなく、軽症者も含めれば約1万人超は被害を受けたそうです。

 

もしかしたら、この放送をご覧になっていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

かくいう私もその一人でね。

別に電脳つながりというわけじゃないです。

でも、さすが俺()だ、なんともないぜって人が多かったんじゃないでしょうか。

 

それもそのはず、実はこの点滅はただ見ているだけなら気分が悪くなることはあっても、

病院に運ばれる、ましてや入院してしまうほどの重症になることはまずないのです。

では、一体なぜ685人もの人が病院に担ぎこまれたのでしょうか。

それに光感受性てんかん(PSE)光感受性反応(PPR)というキーワードが深く関わってきます。

 

まず、光感受性てんかん(PSE)とはなんぞやということですが、

大脳の異常から、激しく点滅する光の刺激によりけいれんなどの発作を起こす症状のことです。

病気ですが、その素因を持っていなければ大丈夫です。

で、専門家たちはPSEの人がポケモンショックを受けてしまったのではないかと考えたわけです。

 

もともと病気を持っている人があるきっかけで発作を起こすのはありえますからね。

マスコミも最初はそういうふうに報道していたようです。

しかし、調べてみると、確かに病院に運ばれた人の中にPSEの人は多かったのですが、

それでも全員がとはいかず、相当数のPSE以外の人がいることが判明しました。

 

そこで矢面に立たされたのが光感受性反応(PPR)です。

PPRとはPSE素因はないが光の刺激で脳波に反応が出る人のこと。

これは病気ではありませんが潜在的にはPSEよりはるかにその数は多いです。

とはいえ、普通にしていたら発作などめったにおきるものではありません。

 

今回は光の刺激が強かったため大人数が発作を起こしてしまったとそういうことです。

つまり、PSEのみならず、PPRの人も被害を受けたのでここまで大事になったのですね。

 

では、この事件が起こった後の関係各所の動きです。

 

まずは、テレビ東京

テレビ東京はテレビアニメ『ポケットモンスター』を放送中止とし、局内調査チームを設置。

また、ポケモン関連が含まれた番組を放送自粛。

具体的には64マリオスタジアムや大みそかポケモンスペシャル、おはスタのコーナーなどです。

 

そして、系列外31局に第38話の提供をしないことを決定。

レンタル等もされていませんので、この時点で38話は永久欠番ですね。

代替番組は『学級王ヤマザキ』となりました。

視聴者からはポケモンの放送をやめないでの声が大きかったそうです。

 

続いて、NHK

NHKは一見関係なさそうに思えますが、実は1997329日放送、NHK教育テレビの『YAT安心!宇宙旅行』の第25話を見た子供数人が同様の症状を訴えていたことが発覚。

NHKはビデオ販売を差し押さえ、撤去しました。(こちらは欠番ではないです)

 

また、これを皮切りにNHKはアニメーション問題等検討プロジェクトを発足させ、

クローズアップ現代でポケモンショックについての緊急特番を放送しました。

その後、NHKと日本民間放送連盟がアニメーション番組に関する日本放送協会・民放連の検討会を設置し、映像に関するガイドラインを策定することを決定しました。

 

次に民放の動き。

ポケモンショック直後、アニメを修正したり、減光処理したりしています。

 

最後に公的機関の動きです。

事件の翌日17日にはテレビ東京に警視庁捜査一課が訪れますが、

事件性はないと判断され聴取のみで捜査は終わりです。

郵政省は関係者を呼んで事情を聞き、厚生省は原因究明に乗り出しました。

 

また、国会でもこの問題は話題となり、

衆議院は逓信委員会にテレビ東京、NHK、民放連の偉い人たちを参考人招致しました。

遠くアメリカではホワイトハウス報道官がこの問題について言及、

アメリカも気をつけるべきだ的な発言をしております。

 

こんなところが関係各所の動きでしょうかね。

あと、これによって被害を受けた人には傷害保険が出たそうな。

中々複雑というかめんどくさいのでもっと詳しく知りたい人は参考サイトでもみてね☆

 

では、結果的にこの問題はどう決着がついたのでしょうか。

 

最終的にはNHKと民放連共同のガイドライン、テレビ東京独自のガイドラインが完成し、

それに基づき、1998411日にポケモン問題検証番組が放映されました。

416日には放送を再開、火曜日18:30からだったのが木曜19:00に移行しています。

ちなみに放送再開は第39話『ピカチュウのもり』です。

 

個人的にこの件で一番印象に残っているのが、この問題が発生した後から、テレビ番組に「部屋を明るくして離れてみてね」のような注意書きがされるようになっていったということですね。

それだけこの問題が放送業界に与えた衝撃がすごかったんでしょうね。

ポケモンショックはギネスにも認定されていますし。

 

そうそう、このように光が強く発せられるのは何もアニメ限定というわけじゃありません。

FC時代とかの古いゲームだとそういう光が出る場合があります。

もし、自分は強い光または蛍光色に弱いなとわかっているならプレイするのは控えましょう。

古い映画やドラマなんかもそうです。

 

録画した38話をみて倒れたというどうしようもないケースもあります。

何事も触らぬ神に崇りなしですね。

 

参考サイト:上の方のリンク、ポケモンアニメサブタイトル宮本裕の頁TV東京資料12「放送と視聴覚機能に関する検討会」報告書逓信委員会アニメ事件の対応wikipedia

 

どうですか。

あの”テレビ東京でも結構苦労してるんですよ。

しかし、この事件ももう13年前なんですねぇ。

 

ポケモンショックでは被害者の方ももちろんかわいそうですが、

一番かわいそうなのはポリゴンさんですよ。

このあとは、アニメには映画でチラッと出ただけで、その他にはまったく出ていません。

なんともまぁ、理不尽な話ですよね。

....φ(ω・` )おっと、今回はここで終了です。ありがとうございました。


ポケットモンスター ソウルシルバー(特典無し)ポケットモンスター ソウルシルバー(特典無し)
(2009/09/12)
Nintendo DS

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

■No title

サイトが変わりました。
リンクの変更をお願いします
サイト名:SHINEARTH
URL:http://shinearth95.blog52.fc2.com/
お手数かけて、申し訳ございません

■No title

>>じゃこさん

了解です。
これからもお互いにがんばりましょう。

■No title

これは私もタイムリーに見てたw私も何にもありませんでしたが
従兄弟なんかは録画してたのでポケモンショックの後は
この話が入ってるビデオに危険とか封印とか書いてたなぁw

■No title

>>六月さん

おお、それは貴重なビデオですね
あの話をもう一度しっかりと見てみたいものですw

■覚えてます

色付きの文字 覚えてます

私も世代で 当時ニュースで聞いた事あります
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。