■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■つまようじのでこぼこについて

youji.jpg

よく割り箸と一緒に袋から出てくるかわいいこいつらですが、あの尖がっていない方の凸凹はなんだと思います?
気にもしていない方が多いんじゃないでしょうか?
あるのが当たり前のものはそのままそれを意識の外に置いてしまうのが人間ですもんね。
今回はそんな爪楊枝の凸凹について理解を深めることにします。



まず、勘違いしている方がいらっしゃると思いますが(僕も実際そうでしたww)

実はあれを折って箸置きのように使用するのは正しい使い方ではないみたいなんです。

 

というか、使い方なんてものは存在しないと言った方が正しいかもしれません。

箸置きのような使い方はどっかの経済学者か落語家・柳家金語楼(やなぎやきんごろう)

のどちらかが考案し、広めたという説があります。

 

これは以前「トリビアの泉」でも紹介されたようです。

もともと爪楊枝は歯の垢を取り、清潔にするために用いられた仏具のようで、「総楊枝・房楊枝(ふさようじ)」と呼ばれていたみたいです。

由緒ある道具なんですね。

 

あの凸凹頭が存在する理由とは、

 

 ・製造過程で焦げて黒くなってしまうため、こけしに似せてごまかそうとした説

 ・日本の技術力は世界一ィィィィ説

 ・容器から取り出しやすくするため説

 ・耳かきにする説ww(これはないな…)

 

という理由があるとか、説としては1、2番目が有力かと。

欧米では昔から装飾をつけた金属製の爪楊枝があったみたいですが、今現在売られている使い捨ての爪楊枝は木でつくられており、装飾を施すのは不可能みたいです。

ですので、今は日本から輸出されているとか。

なお、爪楊枝を「黒文字」ともいいますが、これはクロモジの木から作られた楊枝の事を言うようです。

 

最近では爪楊枝アートもあるようです。

いや~爪楊枝って奥が深いなぁ。

まぁ、箸と一緒に出てきても使わずにポイが多いんですが…

 

参考:さるや 日本で唯一の楊枝専門店らしい

    つまようじアート

 

それではまた次回をおねぎゃーしますよ(`Д´)コンチクショウ



マッシュルーム〔キノコ〕 TOOTH PICK CASE〔つまようじ入れ〕 レッド
マッシュルーム〔キノコ〕 TOOTH PICK CASE〔つまようじ入れ〕 レッド
()
不明

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。