■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■干支について

jyunishi.jpg

もう~い~くつ寝ると~お~しょ~が~つ~♪
さてお正月まであと約8ヶ月です…若干遠いですねw
でも、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥と干支がありますが、
この十二種いったいどういった選考基準で選ばれたのでしょうか。
今回は干支について触れてみようと思います。



と思ってググってみたらわかりやすそうなサイトがたくさんあったので、
あんまり必要ないかも知れぬが、まぁやります。特に
ここここ

まず、どうしてこの順番か?

それは昔むかしのある日、神様は何をとち狂ったか動物たちにこう言いました
神「元旦に神殿へ誰が一番早く来れっか競争っすからww
この順位で一年間ごとの干支が決まっから覚悟しとけやww」
ところが、手帳を持ち歩かない派の猫は日程がわからなくなってしまい、あわてふためき、中々の情報通のネズミに尋ねました。
猫「あの…日程を教えていただけませんかね?」
鼠「お前、携帯にでもメモっとけよ、タコ!ほんっとに使えね~なぁ。
  正月の二日目だよ。(ライバルは蹴落とさなくては)」
なんと、ネズミは猫をだましてしまいました。
そして、大会の前日の晩。牛はこう考えました。
牛「おいどんは足がおそいでごわす。
  ばってん、今からいけば余裕でごわすね。」
と、フライングもいいとこです。しかし、そうは問屋が卸さない。
ネズミがこっそり、牛の背中に飛び乗ったではありませんか。
そうとは知らず、必死の思いで神殿前までやってきた牛。
悠長にも元旦の朝日とともにゴールラインに入ろうとしていました。
ここぞとばかりにゴールに飛び込むネズミ。
牛「あ…」
神「うwwwしwwww」
そんなこんなでネズミが一番、牛が二番となり、
他のout of 眼中の奴らは適当にゴールしました。
ただその日から猫はネズミを絶対に許さなくなりましたとさ。おしまい。

と、まぁこんな感じです。
なんで竜だけ架空動物?と疑問に思う方がいるかもしれませんが、
そもそも干支は中国から伝わったもので、当時の中国人は竜が本当に存在するものだと思っていたみたいですね。

で、干支はこういった動物シリーズの十二支の“支”、陰陽五行説と関連性がある十干の“干”をとって名付けられたものです。
詳しくは
ここここ
十干(じっかん)は甲乙丙丁戊己庚辛壬癸(こう、おつ、へい、てい、ぼ、き、こう、しん、じん、き)で構成されとります。
十二支と十干を使った時刻の表し方を古典の時間に習ったと思います。

世界にも干支は存在しますが、仏教文化圏だけですね。
猫が入っている国もありますから、さっきの話は後付けにすぎないのかも。

今年の干支は牛ですが、来年は虎年です。
いまからイモでも彫ってイモ版を準備してはいかがでしょうか。
12月には異臭のする年賀状が出来上がりますよ。

それではまた次回をおねぎゃーしますよヽ(`Д´)ノコンチクショウ


干支☆えとせとら (ちゃおコミックス)
干支☆えとせとら (ちゃおコミックス)
(2008/05/30)
環方 このみ

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。