■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■温泉たまごの作り方について

tamagotti.jpg 

 

温泉たまごってほんとに美味しいですよね。

ちょっとした料理のアクセントにも、もちろん単品でもおいしくいただけます。

でも買ってくると高いし、家で作れないかなぁ~、と思っている人いませんか。

そこで今回は温泉たまごに作り方についてです。

半熟煮たまごもあるよ。



さて、実物を見たほうが早いと思うので、まずはここをみてください。

まぁ、一応書きなぐりますが、

 

材料 水 卵がちょい隠れるぐらい。「かぶるくらい」でもおk。

    卵 一人一日三個までだってね。

    おいしくいただきたいという気持ち ※必須

 

このサイトによるとまずはお湯を沸騰させ、その後冷蔵庫から取り出した卵をそっと鍋に入れ、

フタをし、30分の放置プレイのあと取り出すという事みたいです。

 

この方法のポイントは卵の白身と黄身の固まる温度の違いを利用したものです。

黄身は80度で固まり始めるので、その前に引き上げればできてしまうんですね~。

ただ30分待てば、カップラーメンが10個食べれてしまうので、簡単に作る方法を紹介。

 

常温で置いといた卵を熱湯ポットの中にぶち込み10分程待ち、取り出す。これだけ。

ね、簡単でしょう?

でも僕はやってないので保障はできませんが。

電気ポットだと若干厳しいのかな。作る際はコードを引っこ抜いといてくださいな。

 

で、今回はおまけで半熟煮たまごについてやります。僕としてはこっちの方が好きですが。

ラーメンとかによく入ってるやつですね。

まずはこのサイトをご覧あれ、

 

材料 卵 Mサイズでやってますね。ちなみに卵のサイズは白身の大きさのことです。

    水 適量。

    何かしらの煮汁 ない場合は水、醤油、砂糖、みりん、酒を適当にミックス。

    台所に立つ勇気 ※必須

 

まずは、半熟たまごを作ります。

作り方は水と卵を一緒に沸かし、沸騰したら火を止め、フタをして蒸らします。

この際蒸らす時間はお好みですが、3分ぐらいが丁度いいようです。

その後取り出した卵を冷水に3分ほど浸けます。

これで完成。

 

そしていよいよ半熟煮たまごです。

これは簡単で、冷えた煮汁に半熟たまごを表面の色が変化するまで、もしラーメン屋に近づけたいなら一昼夜置いとくといいみたい。

ただ、殻を剥くのを忘れないのと、煮汁は冷たくしとくこと!

 

すると…やーった、やった、やった、できた。

これでおいしいラーメンがたべられますね。

でも、くれぐれもめんどくさいからってレンジでチンは駄目ですからね。

 

それではまた次回をおねぎゃーしますよ(`Д´)コンチクショウ



ラーメン・ラーメン (CR COMICS)
ラーメン・ラーメン (CR COMICS)
(2006/04/07)
渡瀬 のぞみはんつ遠藤

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

レンジ使って温泉たまごって作れませんでしたっけ?
レンジ+たまごは爆弾卵の印象しかありませんけどww

>>六月さん

どうやらできるようですね。
参照:http://cookpad.com/recipe/244724
いやー恥ずかしいですww
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。