■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■プチプチについて

putiputi.jpg 

よく荷物なんかが気泡のついたビニールで保護されていますよね。

あれを潰すのって結構暇つぶしになりませんか。

僕は「ぷちぷちくん」と呼んでいましたが、皆さんはどう呼んでいたでしょうか。

今回はあのプチプチについて調べたいと思います。



まぁ、ご存知の方が多いと思いますが、“プチプチ”というのは正式名称ではありません。

正式名称は“気泡緩衝材”といって、ポリエチレンの膜で空気を包み込んだ無数の気泡をシート状にした緩衝材です。

用途としては、家具・電化製品・機械などの梱包、菓子・果物・薬剤用のクッション等幅広く使用されています。

 

正式名称ではないといっても、商標登録はメーカーによって様々あります。

 

ぷちぷちやのホームページによると、

川上産業は“プチプチ”

宇部フィルムは“エアーキャップ”

株式会社和泉は“エアセルマット”

酒井化学は“ミナパック”

JSPは“キャプロン”

という商標登録がされています。

もちろん他にもあります。

PDFファイルですがこちらを参照。

 

この中では“プチプチ”や“エアーキャップ”が有名ですね。

最近ではバンダイから∞プチプチというおもちゃもでています。

この開発は川上産業が協力していますが、

ここから予想するにおそらく川上産業が気泡緩衝材ではトップシェアを誇っているのでしょう。

プチプチという名称も一般に浸透してますしね。

 

気泡緩衝材はもともとはアメリカの発祥で、1957年に2人の技術者が偶然発明しました。

2人は簡単に清掃できる壁紙を作ろうと、紙の上に布地の模様をつけたビニールをかぶせた壁紙を開発しようとしましたが、手違いでビニールに気泡ができ、この瞬間気泡緩衝材が誕生しました。

1960年にはシールド・エア・コーポレーションを設立し、「Bubble Wrap」はこの会社の商標登録となっております。

 

川上産業ではプチプチ粒の並びの一部が8に見える、また88(パチパチ)と潰すことから、

8月8日を「プチプチの日」と定めているそうです。

これは日本記念日協会認定だそうですが、ほんとかなぁ。

他にも川上産業のプチプチには10000粒に1つの割合でハートの粒が混じっているそうな。

川上産業は中々遊び心があっていいですね。

 

ちっちゃいプチプチもいいですが、かなりでかいミニ饅頭ぐらいのプチプチを潰すのがかなり気持ちいいですよ。

是非一度やってみてください。

おそらく家具か電化製品を買えばついてくるかと。

 

それではまた次回をおねぎゃーしますよ(`Д´)コンチクショウ



ムゲンプチプチ ホワイト
ムゲンプチプチ ホワイト
(2007/09/22)
不明

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

暇つぶしには最適過ぎる人類最高の発明ww
私は最初ひとつひとつ潰していって
めんどくさくなったら雑巾を絞る感じに一気に潰します
一斉にプチプチ鳴るのは結構いいですよw
あと二重にすると手応えがアップしていい

>>六月さん

僕は雑巾絞り方式でやってもぐにゃーってなるだけであんまりうまくいかないんですよ
なんでだろ

たまに失敗作っぽいのが紛れ込んでて、いい音が鳴らないとイラっとしますねww
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。