■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■利き手について

lefthand.jpg 

皆さんは利き手を意識したことってありますか。

右利き、左利き、中には両利きの方もいらっしゃるとは思います。

ちなみに僕は右利きなんですが、どうして人によって利き手の違いがあるのか。

環境?遺伝子?それとも脳の構造?

疑問は尽きませんが、今回は利き手について調べたいと思います。



このサイトによると、なんと世界でも左利きの人は10%しかいないそうです。

少ないとは思ってましたが、ほとんど希少種に近いんですね。

つまり、生物学的にみると右利きがスタンダードで、左利きは突然変異のような感じでしょうか。

ですので、どうして左利きになるのかという角度からみていきます。

 

利き手が決まるのは3~4歳のころだそうです。

左利きになるのは先にも述べたように、環境説、遺伝子説、脳の構造説の大体三つです。

まぁ、脳の構造説は複合的な感じですが。

 

環境説は、単純に利き手が決定する前に左手を使う事が多かった場合は左利きになるという説です。

この世の中は右利き用に様々なものが作られているので、自然と右利きになってしまうということも右利きの人が多い一因となっているのではないでしょうか。

文章でさえ右から左に書くという形式ですからね。

 

遺伝子説は、そのまんまで親から受け継いだとかDNAとかそんな感じです。

有名なところではなぜか左利きが多いイギリス王室です。

ただ、こういう遺伝子だから左利きという明確な証拠はないそうです。

 

脳の構造説は、脳になんらかの外的要因が加わって右脳が活発になった結果左利きになるという説です。

知ってるとは思いますが、左脳が右手、右脳が左手に関係してます、一応念のため。

これは先天的、後天的両方の可能性がありますね。

 

どれも考えられますし、よくわかりませんね。

ただ、左手を矯正したり、あえて左手に矯正したりという親のエゴも多少関係があるかも。

野球選手はベースに近い左打ちがいいとされるため、矯正されるケースもあるとか。

右打ちが多いため投手は左投げがいいですしね。

 

「巨人の星」でいえば星飛雄馬が一徹さんに左投げ左打ちに矯正されていたようで、無印で肩が壊れてからは右投げ左打ちになってましたね。

わかる人あんまりいないかな?w

 

ですので、もちろん矯正は可能ですが、いくら左利きが不便だからとはいえ、右利きに矯正すると精神衛生上よろしくないみたいなので、子育てする際には左利きでもいいじゃない、というおおらかな気持ちで子供をみてやってください。

 

あと、よく言われることでは左利きには天才が多いという話を聞きますね。

野球の話でいえば、イチローは左利きですし、かのアインシュタインも左利き、僕の好きなダウンタウンの松本人志も左利き…

例を挙げればキリがないです。

おそらくよく左手を使うために抽象的、直感的思考の右脳がよく働き、そのため常人(右利き)が思いつかないような閃き力がつよいんでしょう。

 

脳の働き的には関係あるんでしょうが、これはほとんど右利きの人が抱く幻想にすぎないと思いますね。

右利きにも天才はいるでしょうし、左利きにも凡才はいるでしょうしね。

血液型みたいなもんでしょう。

 

そして、最後に左利きは早死にしやすいとの噂。

右利き社会によるストレスによっての短命とのもっぱらの噂ですが、これはそんなことないでしょう。

根拠はないですが、そんなことないはず!

このようなデータはほとんど有名人を参考にしているので、あんまりあてになりません。

変に不安を煽ってもしょうがない。

 

参考:左右の理屈

 

子供の頃左利きに憧れて、左手で文字を書く練習をしたもんです。

皆さんも、右手、左手にこだわらずガシガシ使っていきましょう。

頭の回転は速くなるわ、ボケ防止になるわでうはうはです。

 

それではまた次回をおねぎゃーしますよ(`Д´)コンチクショウ

 


左利きの人々 (中経の文庫)
左利きの人々 (中経の文庫)
(2009/01/26)
渡瀬 けん

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

私の兄が確か左利きでした
でも右利きに矯正しようとしたのか知りませんが今は両利きみたいです

ちなみに私は右利き
私も左手で字が書けないか練習してた事ありますよw

>>六月さん

結構左手での練習やってる人いますよねw
昔一度左手だけで生活してもみようとしてみましたが、
違和感まみれで中々つらいです。
ですので、お兄さん両利きとはうらやましいです。
まぁ、両利きになってもたいしてメリットはないのかもしれませんけど。

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。