■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■馬鹿について

bakabonn.jpg 

うわーん、バカ、バカ、バカ!

という感じで、よく使う「馬鹿」という言葉ですが、

いったいどうして「馬」と「鹿」でバカなんでしょうか。

何気なく使っている言葉ですが意外にそのルーツは知らないもんです。

というわけで、今回は「馬鹿」についてです。



馬鹿という語源についてですが、語源由来辞典をみると、

馬鹿の語源はサンスクリット語で、無知や迷妄を意味する「baka」「moha」の音写「莫迦(ばくか)」「募何(ぼか)」から転じたものだそうです。日本では、鎌倉時代末期頃から「ばか」の用例があり、室町中期の「文明本説用集」には、馬鹿の異表記として、「母娘」「馬娘」「破家」をあげ、「とんでもない」の意味で「狼藉之義也」と説明しているとのこと。

以上のことから馬鹿というのは当て字と考えられるそうです。

 

つまり、仏教的なルーツからきたんですね。

他にも俗説として「鹿をさして馬となす」(「史記(秦始皇本紀)」の故事)からとった説があります。

その話はこうです。

 

その昔、現在の中国には秦という国がありました。

その秦の始皇帝には趙高という宦官が仕えておりました。

これが中々、腹黒い臣下でございまして、

ある時始皇帝が亡くなり、長男の扶蘇を二代目につけるという遺言が発見されると、自分の野心から始皇帝の死を秘匿し、詔を捏造し、扶蘇を自殺させてしまいました。

 

そして、皇帝位を継いだのが始皇帝の末子である胡亥です。

なんと彼は趙高と結託していたのです。

趙高の権力はどんどん拡大していきました。

しかし趙高の野心はまだまだ尽きることを知りません。

当然次は皇帝の座を狙いにいきます。

 

ところが、クーデターを起こすにあたり、いったい誰が味方で、誰が敵かはわかりませんでした。

そこで、趙高は胡亥に鹿を謙譲し、こういいます。

「陛下、馬でございます。」

それに対し胡亥は、

「おいおい趙高は馬と鹿を間違えおったぞ。」

と、まわりの臣下に問いかけます。

すると、あるものは黙ったまま何も言わず、

あるものは「陛下、これは馬でございます」と言い、

またあるものは「確かにこれは鹿でございます」と言った。

 

この後趙高は「鹿だ」といったものを罪に陥れてしまいました。

そして皆趙高の力を恐れ、逆らえなくなってしまいました。

しかし結局、趙高のクーデターは成功するものの趙高は皇帝にはなれませんでしたとさ。

 

というお話があります。

しかし、これはあくまでも俗説ですので参考程度に。

詳しい話はこちらのサイトで。

つまりは「馬鹿」の由来はよくわからないということです。

 

話は変わりますが、関西の方の人は「バカ」よりも「アホ」をよく使い、「アホ」は軽い冗談まじり程度、「バカ」は本当の悪口クラス、と使い分けてるらしいですね。

関東では、おそらくどっちの意味でも「バカ」を使うので、こういうところの地域差はおもしろいですよね。

 

「バカ」という一見悪口っぽい言葉ですが、言い方によって喜怒哀楽を表せる便利な言葉に変わるという特性を持ったある意味不思議な言葉です。

女の子に「バカ(///)」と照れた感じで言われた時の破壊力は絶大です。

まぁ、言われないんですけど…

 

ちなみに似たような言葉のトラウマは「虎」と「馬」からきているわけではなく、古代ギリシャ語のtraumaからきていますのでご注意を。

今回はここまで。

 

それではまた次回をおねぎゃーしますよ(`Д´)コンチクショウ



バカの壁 (新潮新書)
バカの壁 (新潮新書)
(2003/04/10)
養老 孟司

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

近畿に住んでますが私はバカの方がよく使ってる気がします
褒め言葉としても使いますし、普通に悪口としても使ってますね
『アホ』は意味合いが軽すぎて使ってる意識ないだけかもw

>>六月さん

おやおや関東の人が抱く関西人像はあんまり当てはまらないんですかね。
でもアホの意味合いはやっぱり軽いようで一安心ですw
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。