■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■TシャツとYシャツの違いについて

tyoiwaru.jpg 


Tシャツの名前の由来は広げたときに“T”の形になることから付けられたことは有名ですね。

じゃあ、Yシャツは・・・?

広げたら“Y”っぽいけど、“T”にも見えるような気もする。

それに長袖Tシャツも似たようなもんじゃないか。

ということで、今回はTシャツとYシャツの違いについてです。



さて、いきなりですが簡単です。

Yシャツの語源の由来は、“white shirt”だといわれています。

この発音をそれっぽく言うと、“ワイトシィーツ”ですよね。

これが日本人には“ワイシャツ”に聞こえたので“Yシャツ”になったそうです。

ですので、TシャツとYシャツの頭文字がともにアルファベットなのは別に関係ないということです。

Y”はおそらく適当に付けたんでしょう。

 

これだけではなんなので、小話をひとつ。

このサイトによると西日本ではYシャツは“カッターシャツ”と呼ばれているそうな。

 

でも、カッターシャツって結構関東でも耳にしますけどねぇ。

まぁ、どういうものかは知らなかったんですが。

なぞなぞでも「着ると血だらけになる服ってなぁに?」ってのがあったような気がします。

 

と、思ってよくよく見てみると、違いました。

実はもともとカッターシャツは1918年にミズノが販売したスポーツ用シャツの名称だそうな。

ちなみにミズノの本社は大阪です。

また、学生の制服用のシャツをカッターシャツ、社会人用のシャツをYシャツとする説もあるそうで、そういった流れから西日本ではカッターシャツ=ワイシャツというのが定着したんでしょう。

どっちも同じようなもんですしね。

 

東と西のワイシャツとカッターシャツの呼び方の違いは、マクドナルドを呼ぶときの“マック”と“マクド”の違いみたいなもんでしょう。

たいして意味はないんです。

でもマクドって呼んでる人はビッグマックやマックシェイクはなんていってるんだろう。

ビックマクド・・・?

 

それではまた次回をおねぎゃーしますよ(`Д´)コンチクショウ



東日本と西日本―列島社会の多様な歴史世界 (洋泉社MC新書)
東日本と西日本―列島社会の多様な歴史世界 (洋泉社MC新書)
(2006/11)
大野 晋宮本 常一

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

確かにこっちだとYシャツってあんまり聞かないかも
カッターはよく言ってるな

マクドは社名の事だけだから商品名は関係ないっスよwww
ビックマクドとか言わないw

>>六月さん

お、やっぱりそうなのですか。
お墨付きがもらえてよかったです、はい。

ビックマクドって言わないのかぁw
おもしろそうだったので、ちょっと残念かもww
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。