■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■お札の肖像画について

osatsu.jpg 

千円札が野口英世、五千円札が樋口一葉、一万円札が福沢諭吉。

あ、一応二千円札の紫式部もいたかww

と、現在の紙幣の肖像画はご覧のようなラインナップとなっております。

でもこれってどういった基準で選んでるんでしょうか。

やっぱり知名度なんですかね?

今回はお札の肖像画について調べたいと思います。



と思って意気揚々と国立印刷局のホームページを覗いてみると・・・

 

Q ( ´)お札の肖像はどのように選ばれるのですか?

 

A ( ´_ゝ`)お札の肖像の選び方には特に決まりはありませんが、通貨行政を担当している財務省、発行元の日本銀行、製造元の国立印刷局の三者で協議し、最終的には日本銀行法によって財務大臣が決めることになっています。

 

だそうです。

あらやだ、選考基準なんてなかったみたい。

 

まぁ、これだけではなんなので、まことしやかに言われている選ばれやすいポイントを挙げてみる事にしましょう。

国立印刷局によると今までお札に肖像画が描かれたのは、

 

・神功皇后(じんぐうこうごう)

・板垣退助(いたがきたいすけ)

・菅原道真(すがわらのみちざね)

・和気清麻呂(わきのきよまろ)

・武内宿禰(たけうちのすくね)

・藤原鎌足(ふじわらのかまたり)

・聖徳太子(しょうとくたいし)

・日本武尊(やまたとけるのみこと)←変換できるんですね、すげー

・二宮尊徳(にのみやそんとく)

・岩倉具視(いわくらともみ)

・高橋是清(たかはしこれきよ)

・伊藤博文(いとうひろぶみ)

・福沢諭吉(ふくざわゆきち)

・新渡戸稲造(にとべいなぞう)

・夏目漱石(なつめそうせき)

・野口英世(のぐちひでよ)

・樋口一葉(ひぐちいちよう)

 

の17人だそうです。

それぞれが何をした人物なのかはこのサイトを参照してください。

 

※このサイトと上の人物表の人数が違うのは、「肖像画」の解釈の違いで、紫式部などのようにある人物が風景の一部として描かれている場合は「風景画」になるからだと思われます。

僕は実物を見たわけではないので、断言はできませんが。

 

この人物たちの傾向をみると、皇族や貴族、政治家など政(まつりごと)に関連がある人が多く、近代では学者や文人など、学術的分野から選ばれてきていることがわかります。

どうやら肖像画には社会情勢が絡むようで、樋口一葉が選ばれたのは女性の社会進出の表れであるとか。

もちろん皆さん日本に貢献なされていて知名度があります。

 

金融資料館をみてみると、そもそもどういてお札に肖像画が描かれているかというと、偽造防止のためとデザイン性、あと国民に親近感をもってもらうためだそうです。

日本銀行のホームページも参考にしてみてください。

 

教科書なんかでよく見て、しかも特徴のある顔だと以外にはっきり覚えてますよね。

そのため、へたに偽造されても些細な違和感に気づきやすくなるんだとか。

できれば絵よりも写真のほうが偽造されにくいそうです。

聖徳太子は偽造されやすかったらしいです。

 

まぁ、肖像画になりやすいポイントをあげるならば

・ある分野で有名(研究、芸術、政治、小説etc

・社会情勢に関連している(政治、女性、理系etc

・特徴的な顔立ち(ヒゲ、メガネ、髪、服etc

 

ですかね。

次は無難に芥川とか坂本龍馬とかきそうですがどうなんでしょう。

女性が一人は入りそうではありますけど。

 

でも、僕個人としては福沢諭吉にはこのまま居座って欲しいですね。

なんか彼には迫力がある。

「サイフに諭吉一枚しかいない」で通じるんですからね。

 

それではまた次回をおねぎゃーしますよ(`Д´)コンチクショウ

世界のお金事典
世界のお金事典
(2006/03)
平井 美帆佐藤 英人

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

■No title

私の引き出しには諭吉が10枚…

二千円札って結局なんだったんでしょうねw
使い勝手が悪過ぎたのか日本銀行の金庫に閉まってあるそうですよw
将来イチローが千円札か五千円札になってたら笑えるw

■No title

>>六月さん

引き出しに諭吉を入れとくなんて中々変わったしまい場所ですねw

へぇ~、二千円札もう完全に意味ないですねw
なんとなく「2」という数字は中途半端な気がする。
イチローが紙幣になったらおもしろいですけど、なんかおもちゃっぽいですねww

■No title

慶応大学との関係は今後の改変の際にはガラス張りの中で論議が必要だと思います.今までがらすばりの論議はされた痕跡はないようですが、誤りでしたら教えてください。

■No title

>>名無しさん

福沢諭吉が今なお1万円札の肖像画になっているのは、慶応OBの影響だという説でしょうか?

うーん、どうなんでしょうね。
ちょっと調べてみました。

確かに、1984年に福沢諭吉が採用されて以降、
2004年のデザインの一新の際に変更されなかったというのは怪しいですよね。

で、その一新を決定したであろう2003年の総理大臣と財務大臣が
ともに慶応卒の小泉純一郎さんと塩川正十郎さんであるのも出木杉ともいえます。

ただ、1984年に採用された際の総理大臣と大蔵大臣は、
中曽根康弘さんと竹下登さんで、帝国大学と早稲田大学の卒業です。

それを考えると、少なくとも慶応だからという理由で、
最初に福沢諭吉を採用したわけではないように思います。

といっても続投には何らかの理由が必要でしょう。

改刷した当時は、偽札に対応するため新札の発行を急いだため、
肖像を変更しなかったと報道されているようです。

また、1万円札は64億7000万枚(2004年9月末)と、
お札の流通枚数全体の52%を占めているというのも理由だそうです。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/40/shihei_ala03.htm(今は消えてます)

肖像画は選定や作成にそれなりに時間がかかり、
印刷した後の交換対応も時間を要するということですね。

財務省でも偽造防止が改刷の主たる目的であって、
全面的に肖像の変更は行わなかったとしています。
具体的には流通量が全体の6割を占める1万円札のことです。
http://www.mof.go.jp/currency/link/f1608c.pdf

じゃあ、なぜ千円と5千円札は変えたのかという疑問がわいてきますが、
これは当時流行の「科学」と「女性」を取り入れたかったからのようですね。

これらを踏まえると、
福沢諭吉が今なお1万円札なのは、ある程度納得ができるかと思います。
まあ、慶応だからという可能性も否定できるものではありませんが…。

おっしゃる通り、透明性を高めるために、
次の改刷の際には、その経過を公表してほしいものですね。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。