■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■階段の踊り場について

odoriba.jpg 

階段を上るときのちょっとした憩いの場。

まぁ、方向転換するだけなんですけどね。

そんな階段の踊り場ですが、なぜ“踊り場”と言うんでしょうか。

昔はあそこで踊っていたんでしょうか?

今回は階段の踊り場について調べたいと思います。



読売新聞によると、踊り場の正確な語源は業界でも未だわかってないそうです。

(以下コピペ)

 

日本古来の建築方法では、階段の方向が途中で変わることはありませんでした。踊り場が日本に登場したのは、西洋建築が導入された明治期以降です。

「鹿鳴館時代、ロングドレスを着た女性が階段の途中で体の向きをくるりと変えると、まるで踊っているように見えたから」というのが、住宅業界で広く伝わっている説だそうです。

 

とのことです。

30字以内にまとめると、「西洋建築の階段でドレスの女性がターンするのが踊りっぽいから。」です。

 

確かに一軒家などの日本古来からある建築様式では一直線の階段ばっかりのような気がしますね。

今でこそいろいろな形の階段がありますが、昔は全部一直線だったんでしょうね。

そもそも一般家庭では踊り場を作るほど空間が広くないような気もしますけど。

 

ちなみにこの引用文で「鹿鳴館」というのがでていますが、なんだかご存知ですか。

 

鹿鳴館(ろくめいかん)というのは、外国からのお客様を招くために明治政府が現在の東京都千代田区内幸町(うちさいわいちょう)に建てさせた社交場です。

その中ではダンスパーティーも行われていたようですから、ドレスの女性がいるのも納得ですね。

今はもう取り壊されて、帝国ホテルの隣にある大和生命ビルが建っているそうです。

 

・・・諸行無常とはげにかなしきものかな。

 

ただ、このドレスの女性のターンが踊りにみえた説はあくまでも建築業界内での主流説ですから、もちろん他にも説があります。

とりあえず、今ある説を独断と偏見で競馬っぽく印をつけ書き連ねると、

 

・ドレスの女性のターンが踊りにみえたよ説(本命)

・階段先の部屋で実際に芸者が踊ってたのが元になってるよ説(対抗)

・「踊」という漢字にもともとターンするという意味があるよ説(単穴)

・心臓の鼓動のことを「踊り」というので、途中で心臓を休ませる憩いの場だよ説(連下)

・段差=ダンサー=踊り≒踊り場説(大穴)

 

こんなところでしょうか。

参考:語源由来辞典ウィふりおしえてねドットコム

 

もちろん最初の説が一番信憑性は高いのですが、

どれも偉そうな人が言ったらコロっと信じてしまいそう内容ですよね。

どれを信じるかはお任せしますね。

 

意外にも「踊り場」の語源ははっきりとしてないんですね~

踊る場所なんていかにも何かありますよという漢字なのに。

 

ちなみに英語では踊り場のことを「Landing」(上陸、上陸するところ)や 「Middle floor」(階段の中の床)というそうです。

まったく踊りは関係ないですねw

そう考えると、昔の日本人中々洒落てますよね。

 

ところで、直線型の階段にも踊り場的なスペースがあることもあるけど、

あれはいったいなんなのだろう。

本当にただの休憩スペース?

 

と思って記事を書いていたら思いついた。

あの引き伸ばし部分がないと、斜面が急になったり、届かなくなる場合があるのだろう。

自己解決しました、申し訳ない。

今回は終わりということで。

 

それではまた次回をおねぎゃーしますよ(`Д´)コンチクショウ

現代建築家による階段のデザイン
現代建築家による階段のデザイン
(2001/05)
キャサリン スレッサー

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

■No title

私としては日本的に連下と大穴が良いなぁw
もしかしたら『踊り場』って元々こう言う字じゃなかったのかも
元の言葉がどんどん変化して行くって日本じゃよくありますしね

階段急だと足踏み外しそうで怖いですよw

■No title

>>六月さん

まぁ、どれにも夢がありますよねw
僕も連下の説は説得力が結構あるなと思いました。

山道の階段は急な上にでこぼこで怖いです。
昔コケました。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。