■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■スーファミのコントローラーのボタンについて

4902370501148.jpg 

赤=、黄=、青=、緑=というボタンありますよね。

でも、どうしてABCDとかWXYZとかの連続じゃないのでしょうか?

アルファベットに何か意味が?

そこで、今回はスーファミのコントローラーのボタンについて調べたいと思いましたが・・・



意気揚々と調べてみましたが明確なソースはおろか、ほとんど情報が出てきませんでした。

申し訳ないです。

まぁ、探せなかっただけかもしれませんが。

しょうがないので、かき集めた不明確な情報と推測で考察せざるを得ません。

 

では、なんでアルファベットが連続したものではないかについてですが、

まずはスーパーファミコンのコントローラーの画像をみていただきたい。
 
sufami.jpg
 

このようなボタン配置になっていますね。

AとB、XとYがそれぞれセットになっていることに気がついたでしょうか。

 

どうしてAとBがセットとなっているかのでしょうか?

これはおそらくファミコン時代のボタンのなごりだと思われます。

ファミコンのコントローラーの画像をみてください。
 
famikon.jpg
 

このようにファミコン時代はAとBボタンしかありませんでした。

Aが決定ボタン、Bがキャンセルボタンです。

この方式は今現在も続いていますね。

 

なぜ任天堂がボタンを4つにしようと思ったかというのは言うまでもないでしょうが、

スーパーファミコンを作るにあたり、操作性の向上と多様化を実現するために、ボタンを増やす必要があったと思われます。

 

しかし、この方式を維持し、さらにABCDと連続したアルファベットを使って新たなボタンを増やそうと思うと、AとBの配置を右と左の関係から別の位置にかえなければちょっと違和感があると思います。

そこで、任天堂はXとYというAとBとは程遠いアルファベットを採用し、その違和感の解消を図ったのではないでしょうか。

 

XとYも右と左の関係になっていて、4つのボタンの位置がちょうど十字キーと一緒でデザイン性もいいですしね。

 

ファミコン時代からのユーザーにわかりやすいようにもともとのABボタンの名前は変えず、新システムの印としてXYという新たなボタンをつくったとも考えられます

こういうのはハードに限らず、シリーズ物のソフトにもありがちですね。

 

つまり、Aが決定、Bがキャンセルということや位置関係を変えてしまうと従来のユーザーに不親切であるため、XとYにAとBが持っていた決定、キャンセル以外の役割を振り分けようとしたわけです。

そのため、AとB、XとYがセットになっているんですね。

 

この動きは「マリオ」の操作方法によってある程度読み取れます。

ファミコン時代は「Bダッシュ」という有名な言葉があるように、Bボタンでダッシュでした。

ところが、スーパーファミコンにおいては“Bボタン”ではなく“Yボタン”のダッシュとなっています。

ちなみに“Bボタン”はジャンプです。

 

でも、このせいで最初の方はメーカー同士のボタンの統一がされていなかったみたいです。

ファミコン時代の操作に合わせてAがジャンプだったり、新ボタンに合わせてBがダッシュだったりしたようです。

まぁ、このあたりはゲーム性によるでしょうが。

 

では、XとYというのはなんなのかというと、おそらくX軸とY軸のことだと思われます。

コンピューターかなんかで使っていたのを流用しただけなのかと思います。

 

正直言って、はっきりとした理由はわかりません。

他のメーカーのハードにはCDボタンがあるやつもあるそうです。

発売時期はわかりませんがそれとの差別化を図ったのでしょうか。

 

ちなみにこのABXYの配置はDSも同じですね。

あとのLRleftrightスタートセレクトもファミコンのなごりで、スタートはそのままの意味で、セレクトというのは1Pと2Pの入れ替えに使っていたりしていたためだそうです。

 

ボタンの色はファミコンよりカラフルになったことをアピールしているようですが、

なぜ、あの色の組み合わせになったかはわかんないです。

あんまり関係ないですが、一応ここここ、あとここもみてみるといいかも。

 

一応まとめましたが、いまいちピンとこないし、自信もないです。

僕個人としては“だいたいあってる”なら別にいいんですけどね。

任天堂に聞けって?

怖くてできません><

 

....φ(ω・` )おっと、今回はここで終了です。ありがとうございました。

スーパーファミコン ジュニア
スーパーファミコン ジュニア
(1998/03/27)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

■No title

>他のメーカーのハードにはCDボタンがあるやつもあるそうです
SEGAのメガドライブですね、Dボタンはないですけどw

メガドライブは最初はABCボタン三つで
後継機のメガドラⅡではABCXYZで六つになりました
後継と言ってもPS2が薄型になった程度なんですけどねww

最近はムービーとか小手先の技に頼っててシナリオが良い作品が少なくて残念です
SFCの頃は良作が多かったなぁと思う今日この頃

■No title

>>六月さん

メガドライブですか、なるほど。
実はネオジオにABCDボタンがあるので、それとの差別化をしたと目にしたのですが、確かにメガドライブの方が発売時期が早いので、それであってるっぽいですね。

SFCの方が面白い物が多いというのは同意です。
単なる懐古厨とかもうゲームに飽きただけだろなどといって、意見を簡単に却下するのではなく、
そろそろ全体を見直したほうがいいと思うんですけどねぇ。
ゲーム自体の売り上げも少子化の影響で下がっているらしいですし。


■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

■トラックバック

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。