■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■エスカレーターでの歩行について

eska.jpg 

エスカレーターに乗る際に皆さんはどちら側を空けるでしょうか。

関東では左立ち右空け、関西では右立ち左空けといわれていますよね。

この取り組みは、一般には急いでいる人のために行われているとされています。

でも、このマナーのようなものは一体どっからきたんでしょうか。

そういうことで、今回はエスカレーターでの歩行について調べようと思います。

 



関東、関西といっても曖昧なので、

まずは地域による右空け、左空けの区分けからです。

 

左立ち右空け

  ・関東地方(東京、横浜など)

  ・北海道

  ・長野

  ・京都

  ・福岡

 

右立ち左空け

  ・関西地方(大阪、神戸など)

  ・仙台

 

と、大体このような分布になっているようです。

お住まいの地域は当てはまりますでしょうか。

 

では、なぜ地域によってここまで差があるのでしょうか。

これはこのマナーの普及の仕方に理由があるようです。

 

このマナーは、1970年代に日本万国博覧会(大阪万博)が開かれた際に大阪で普及したのが始まりとされています。のべ6300万人が訪れた大阪では安全対策に徹底的に取り組み、その内の阪急電鉄が駅構内や周辺での重大事故を防ぐために案内したのが最初だそうです。

 

そして、このエスカレーターの片側を空けるという行為は、もともと外国で行われていたものだったのですが、おそらくこれをモデルとして阪急電鉄は実行したのでしょう。

このモデルとなった国(たぶん欧米)が右立ち左空けだった影響で、大阪ではエスカレーターの右側を空けるようになったというわけです。

これが間違って伝播あるいは変化して、空け方が各地でバラバラになっているんでしょうね。

 

なるほど、大阪が日本では始めて導入したんですね。

つまり、右立ち左空けが正統派?

いやいや海外でもいろいろあるので、どっちがどうってことはないですよ。

 

参考サイト:ホテルマンのシエスタ旅と鉄の盲腸世界一受けたい授業

 

 

ところで、実はこのマナーが危険極まりないため推奨されていないということを知っていましたか?

 

日本エレベータ協会のホームページには階段上の歩行やすり抜けは事故を引き起こす可能性があるため危険である、とはっきりと記載されています。

エスカレーターを歩かれると故障しやすいっていう事情もあるそうですが。

まぁ、エスカレーターの片側空けはマナーではなく、単なる慣習だったということですね。

 

昨年は東京ビッグサイトで行われたワンダーフェスティバルでも事故が起きましたし(このマナーと関係あるかはわかりませんが)、エスカレーターをなめたら痛い目にあうってことですかね。

参考サイト:Gigazine

 

 

安全性をとるか、利便性をとるか。

現在では利便性が勝っているようですが、どうなんでしょうか。

個人的には、やっぱり利便性かなと思ってしまいますけども。

階段はいやじゃ、いやじゃー

 

....φ(ω・` )おっと、今回はここで終了です。ありがとうございました。

危険学のすすめ
危険学のすすめ
(2006/07/26)
畑村 洋太郎

商品詳細を見る
関連記事

■コメント

■No title

田舎の駅のホームなんかだとエスカレーターが一機しか存在しないとかがなぁ
楽に下りたいのに上がりだけ、上がりたいの下りだけとか
アレはすごくめんどくさいですww

大阪のニュートラムの乗り換え途中にあるエスカレーターめっちゃ長い、あそこだけは歩行はオススメできないw

■No title

>>六月さん

>エスカレーターが一機しか存在しない
あるあるww
あれ謎使用ですよねw

めっちゃ長いエスカレーター・・・ゴクリ
一回乗ってみたいですねぇ

■No title

岡山は左で大阪とは逆になります。

■No title

>>ももっちさん

なるほど、貴重な情報ありがとうございます。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

Author:peloponnesos
手作り感が満載のこのブログ。
子を見る親のような気持ちで生暖かく見守ってやってください。

更新が遅いのは仕様です。
目標は3日に一回なんだけれども。

当ブログについて

■一言コメント(2015/11/05)
妖怪のせいなのね。そうなのね。

FC2カウンター

ブログランキング


人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

ブログパーツ

DVD

ゲーム

スポンサーリンク

検索フォーム

メールフォーム

相互リンクの依頼・ご意見・ご質問など訴えかけたいことがございましたら↓

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。